ラグの特徴は、室内で床に部分的に用いる敷物であるところで、カーペットのように全体的に敷く敷物とは違うところです。

基本的に、床全面に敷き込む物ではありません。床の一部分に置く敷物であり、1畳未満をマット、1畳から3畳未満の広さのものをラグと呼んでいます。

材質やデザインなど種類が豊富なのもラグの特徴で、一般的には、リビングのソファの周辺などに使用します。
主にインテリアのアクセントとして部分的に使用するのが普通です。

ラグには、毛足の短いものと毛足の長いものがあり、シャギータイプが毛足の長いものになります。
このタイプのラグは、毛の間にゴミが入り易いので、掃除に手間取りますが、素足で歩くととても気持ちが良いです。

大きさで分けることができるのもラグの特徴で、190×190、190×240、190×280などが一般的な大きさになります。

ラグの購入を検討する場合、ラグをどこに敷くかにで、タイプとサイズを選ぶことになります。
リビングにラグを敷く場合は大きいサイズのラグを選び、大人の個室にはシャギータイプやフェイクファータイプなど、好みに合ったものを選びます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です